海外移住資料館
新着情報
概要
常設展示
企画展・催し物
学習プログラム
利用案内・交通案内
図書資料室(海外移住)
ボランティア活動
海外移住資料館だより
移住資料ネットワーク化プロジェクト
キッズコーナー

情報検索システム
キッズコーナー貸出教材 いみんトランク 貸出についてはこちら
企画展『海を渡った花嫁物語』特別サイト 特別展示 移民の暮らし
特別展示 ハワイに生きる日系人

独立行政法人 国際協力機構 JICA横浜


 

HOME > 海外移住資料館だより > 解体! 海外移住資料館

解体! 海外移住資料館

遠く海を渡った日本人は新天地で新たな文明形成に参画した

  いまから140年以上前、明治元年のハワイ移民をはじめとして、日本から海外へ、多くの人々が渡っていきました。その数は、戦前約77.6万人、戦後は約26.2万人にものぼります。日本人移住者は、世界の各地で日系社会を形成し、子孫を残し、日本の文化や伝統を守り伝えながらも、現地社会の文明づくりに重要な役割を果たしてきました。現在、海外で暮らす移住者・日系人数は約290万人以上と推定されています。
JICA横浜 海外移住資料館は、日本から海外へ移住した移住者の歴史・生活・体験や、世界各地に存在する日系社会の現在の様子などを展示した、日本ではじめての移住ミュージアムです。2002年10月の開館以来、訪れるみなさんに海外移住の歴史を知っていただくだけでなく、国内で働く日系人とその子弟や、多文化共生社会について考えるきっかけとしていただければと願い、常設展示をはじめ、特別展示や公開講座等のイベントを開催しています。
今号では、海外移住資料館の展示内容やさまざまな活動、オススメの楽しみ方などを改めて大特集します!

4つのテーマで移住を知る―常設展示場

@海外移住の歴史
 1639(寛永16)年以降、2世紀以上にわたって続いた日本の「鎖国」。それが解かれたことを示す、徳川幕府によって1866(慶応2)年に発行された「御免の印章」(パスポート)を展示しているのがこのコーナーです。日本とハワイ王国の政府間で結ばれた「移民協約」によってハワイに渡り、サトウキビ畑で働いた「官約移民」や、勉学のために北米へ渡った「書生」、南米への国策移住、第二次世界大戦中の混乱から戦後移住の再開までを、時代を追って展示しています。


ハワイ・サトウキビ畑の労働風景

幕末から明治にかけて発行されたパスポート
「御免の印章」

Aわれら新世界に参加す
 生まれ育った祖国を離れ、海外の見知らぬ土地に移り住んだ日本人。彼らを「出稼ぎ」の集団、あるいは人減らし政策の犠牲となった「棄民」だとするそれまでの認識に対して、国立民族学博物館初代館長の故・梅棹忠夫氏は、日本人移民を「新たな文明形成への参加者」であると位置づけました。これは、当資料館の基本理念となっています。このコーナーでは、各地の文明づくりに参加した日本人とは、どのような人々だったのか?なぜ移住を決意し、どんなところに住み、どんな貢献をしたのか?といった疑問に答えます。


大正末期に使用された移住
奨励の ポスター

横浜港周辺の移民宿を記した地図
(明治34年)

移住者たちが持っていった柳行季や スーツケース。どんな物を持って行ったのかがわかる

Bニッケイ・ライフ・ヒストリー
海外に移住した人、あるいはその子どもとして生を受けた人々の数と同じだけ、それぞれのライフ・ヒストリーが存在します。それは、一人ひとりにまったく異なるものであると同時に、いくつかの段階を共有しながら歩んでいるものです。このコーナーでは、「生まれる」「育つ」「成人として」「老いる」という人生の4つのステージを、国・地域や時代を超えたさまざまな写真から紹介しています。


2世の出生証明書ファイル(1918?1951、 ロサンゼルス)

ハワイへ移住した一組の夫婦の孫、3世から6世までにおよぶビッグ・ファミリー

C日本の中のニッケイ、世界の中のニッケイ
日本人から見た「日系人」と、海外で「ニッケイ」と呼ばれる人々。 この2つの「日系」は、同じようでいてちょっと違う…?  このコーナーでは、和太鼓や祭りなど、海外で「ニッケイ」たちによって伝えられている日本の文化を紹介するとともに、日本社会において、日系人たちがそれぞれの文化を守り、伝えながら生活している様子を紹介することで、現代に生きる多様な日系人の姿を探ります。


海外の各地で行われている祭りのポスターなど

ワイン樽で作った和太鼓 (カナダ)
このページの先頭へ

特定テーマを掘り下げる ―特別展・企画展の実施

 ガイダンスホールでは、特別展や企画展を開催しています。これまで大きく取り上げられることのなかった女性移民にスポットを当てた企画展示「海を渡った花嫁物語」(平成21年10月〜12月開催)は、資料館の学術プロジェクトを元にした展示。皇后陛下もご覧になられ、女性移民の苦労を偲ばれました。また、終戦記念日にあわせて開催した特別展示「日系二世兵士の見た終戦直後の日本」(平成22年8月〜10月開催)では、第二次世界大戦時、日本とアメリカの2つの国の狭間で揺れたハワイ出身の日系二世兵士の存在や葛藤について、日系兵士自らが撮影した写真を通じて伝え、各方面より大きな反響がありました。


皇后陛下ご行啓

特別展示「日系二世兵士の見た終戦直後の日本」

映像、音声や画像から伝える移住者の姿―情報展示システム

  常設展示室では、人類始まって以来の移住の歴史を表す「世界移住マップ」を操作したり、「証言映像システム」を通じて実際に移住した人々の話を映像で見たり、「デジタル移住スペース」でコンピュータを使って移住に関するデータを調べたり、クイズに挑戦したり・・・と、「見る」だけでなく「聞く」「触る」「調べる」「遊ぶ」「考える」といったさまざまな展示体験ができます。
「戦前の体験」「移住の道のり」「故郷を離れるきっかけ」など、9テーマ68人の証言映像から、自由に選んで視聴することができる「証言映像」コーナーでは、移住先での苦労や喜び、悲しみ、武勇伝などを、移住者が直接語る言葉でお伝えしています。


世界移住マップ

証言映像コーナー
このページの先頭へ

世界各地から集められた多様な資料を収蔵―一般収蔵庫・写真収蔵庫


  普段みなさんにご覧いただく常設展示や、特別展・企画展で紹介した展示品以外にも、資料館にはまだまだたくさんの所蔵資料があります。そのほとんどすべてが、世界各地の日系団体や、移住者、もしくはその家族から寄贈された大変貴重なもの。資料のひとつひとつに、所有されていた方たちの歴史や思い出、流した汗や涙までもが染みこんだ大切な品々です。

一般収蔵庫外扉(左)、一般収蔵庫全景(右)
資料をよい状態のまま保管するために、 外からの汚れやホコリを一切シャットアウトし 室温は常時24℃に保たれている

  こうした標本類(物品資料)のほかに、乗船者名簿や移住申込書、渡航許可証をはじめとする貴重なアーカイブ資料も多数収蔵。収蔵されている移住関連資料の種類と数は、日本随一と言えるでしょう。


パスポート (明治41年)

珈琲栽培約束証

集合写真 (明治38年ハワイ島ヒロ・ カラカ耕地)

 また、一般収蔵庫のほかに写真収蔵庫も備え、移住当時の様子を伝える写真や映像資料を保存。研究者やマスコミ等からの問い合わせにも随時対応しています。


「中南米移住地記録 写真集1964」

原生林の大木を斧で切り倒す移住者 (ボリビア)

山焼きの様子。森を伐採したあと、1ヵ月間 乾燥させて山焼きをする(ボリビア)

イグアス移住地の小学校(パラグアイ)


サントス港に降り立った移住者たち (ブラジル)

南米のお正月は真夏。汗を掻きながら の餅つき(パラグアイ)

綿の収穫風景(ブラジル)

     

■所蔵資料は大きくわけると4種類あり、 古いものは、1860年代にまでさかのぼります。

文献・図書類

約20,000件

アーカイヴ類

約5,000件(名簿、旅券、身分証明書、契約書や証書、新聞、会報、報告書、教科書等)

写真・映像・音声類

約10,000件(写真、ネガ、ポジ、ビデオフィルム、カセットテープ、レコード等)

標本類(物品)

約2,000件(移住者の人たちが移住先国へ持参した行李やトランク、日用品、移住先国で使った農機具や漁具、太鼓や野球用具など、娯楽に関する用品等)

※2010年11月現在。整理中を含む

 

移住関連資料が充実―図書資料室(海外移住)

資料館には、国内外より移住関連のさまざまな文献資料を集めた「図書資料室(海外移住)」が併設されています。図書資料、映像資料だけでなく、移住者送出に関連する貴重な書類や海外日系団体の会報、海外で発行されている邦字新聞なども含め、現在、約2万点の資料を所蔵。移住関連資料に特化した資料室で、研究者や移住に関心のある方々などに広く公開されています。(図書資料の貸出サービスは行っていませんが、複写可能な資料については実費でコピーを取ることができます)

また、展示場で行われている特別展示・企画展示の開催期間にあわせて、関連図書や映像を集めた「特別展示・企画展示関連資料コーナー」を設置しています。 資料館にお越しの際は、是非お立ち寄りください。

マイクロ・フィルムで既に廃刊となった邦字紙を閲覧!

  図書資料室では、現在海外で発行されている邦字紙(13カ国26紙)を常時閲覧することができますが、それ以外に、1900年代前半にアメリカ合衆国、カナダ、ブラジル、アルゼンチンで発行されていた日本語新聞20紙(廃刊)を、マイクロ・フィルムで公開しています。

ウェブサイトから資料検索
所蔵資料は、資料館ウェブサイトからデータベース検索をすることができます。 http://search.jomm.jp/search/html/koukai/k_search.html
書籍のタイトルがわからない場合、フリーワードでも検索可能。ご自宅からでも、お探しの資料の検索ができますのでどうぞご活用ください。

 

 

 

 
このページの先頭へ
JICA ロゴ
海外移住資料館ホームページHOME