海外移住資料館
新着情報
概要
常設展示
企画展・催し物
学習プログラム
利用案内・交通案内
図書資料室(海外移住)
ボランティア活動
海外移住資料館だより
移住資料ネットワーク化プロジェクト
キッズコーナー

情報検索システム
キッズコーナー貸出教材 いみんトランク 貸出についてはこちら
企画展『海を渡った花嫁物語』特別サイト 特別展示 移民の暮らし
特別展示 ハワイに生きる日系人

独立行政法人 国際協力機構 JICA横浜


 

HOME > 海外移住資料館だより > 第16号 海外移住探検隊 Vol.1

第16号(2009年Summer) リニューアル新連載!

        モルフィーちゃんと行く!海外移住探検隊 Vol.1

モルフィーちゃん
南米に住む青い蝶の妖精、モルフィーちゃん。 海外移住資料館のあれこれを、みなさんと一緒にお勉強します。 どうぞよろしくね!!
 
 

ハワイと日系人

 明治以降、たくさんの日本人がハワイへ移住したことはご存知の通り。ハワイを訪れたことのある人なら、さまざまな場面で日系人がハワイに残してきた足跡を感じたことがあるはずです。アロハシャツやロコモコ*の起源も、たくさんの野菜をハワイに持ち込んだのも、家にあがるときに靴を脱ぐ習慣をハワイに定着させたのも、日本人だと言われています。もしも日本人がハワイに移住しなかったら、いまのハワイはまったく別の姿だったかもしれませんね。
今回は、そんな、まだあまり知られていないハワイの日系人の姿を、モルフィーちゃんと一緒に探ってみましょう!
*ロコモコ=白いご飯のうえに、ハンバーグ、目玉焼きとグレイビーソースをかけたハワイでおなじみのローカルフード。
日本人がよく食べる「丼」メニューと、西洋文化のハンバーグがミックスされてできたメニューだと言われています。

マカダミアナッツ・チョコの産みの親は?

 ハワイ土産の代表選手といえば・・・。そう、マカダミアナッツ・チョコレートですね!
では、世界ではじめてマカダミアナッツ・チョコレートを売り出した老舗メーカー、「ハワイアン・ホースト」社の創業者が、日系人だということは知っているでしょうか?
子どものころからお菓子屋さんになるのが夢だったという、マウイ島出身の日系3世、タキタニ・マモルさんは、妻のアイコさんと一緒に、ハワイの名産品であるマカダミアナッツにチョコレートをかけたレシピを考え出します。オアフ島で1927年から続く地元の菓子店を買取り、「ハワイアンホースト」と名付けた2人は、この美味しいチョコレートを広めようと、車に商品を積んで島中を売り歩きました。それがハワイを訪れる観光客の間で徐々に評判となり、いまではハワイを代表するヒット商品となったのです。

タキタニ夫妻 123 マカダミアナッツ・チョコレート
創業者のタキタニ夫妻はハワイ出身の日系人   ハワイ土産の定番。ハワイアン・ホーストのマカダミアナッツ・チョコレート

誰もが知っているあの味。ハワイ生まれの日系人が産みの親だったなんて知らなかったわ!
このページの先頭へ

ハワイのコンビニといえば、ABCストア

ABCストア

ワイキキのコンビニ、ABCストア

 ハワイへ行ったことのある人ならば一度は必ず立ち寄ったことがある、おなじみのお店が「ABCストア」でしょう。ワイキキには、ほぼ100メートルに1件ABCストアがあるというくらい、ハワイでは有名なお店です。早朝から深夜までオープンのABCストアには、食料品から薬、化粧品やお土産まで、必要なものはほぼ何でも揃う、まさにハワイの「コンビニ」なのです。
実はこのABCストアも、ハワイ生まれの日系人がはじめたお店です。創業者、シドニー・信二・コササさんの父親は、岡山県の出身。1908年に夫婦でハワイへ移住し、ホノルルで食料雑貨店を経営していました。子どものころから両親の経営する店を手伝っていたシドニーさんは、1942年にカリフォルニア大学で薬剤師の学位を取得。ハワイに戻って妻ミニーさんと一緒に小さな薬局をオープンします。その後、1964年に観光客が気軽に買い物を楽しめる、便利で、安く、必要なものが何でも揃うお店「ABCストア」をワイキキにオープンすると、これが大成功!いまではグアムやスペイン、ラスベガスにも進出し、ハワイを代表するお店となっています。

ABCストアという店名は、英語がわからない外国人観光客にも簡単に名前を覚えてもらえるようにと、アルファベットの最初の3文字をとって名付けられたんですって
 
このページの先頭へ

政治の世界でも活躍


エリック・シンセキさん

オバマ政権で閣僚入りしたエリック・シンセキ退役軍人長官
(写真提供:青木公)

  ダニエル・イノウエ上院議員

ジョージ・アリヨシ氏の選挙選を報じる当時の記事
(財団法人海外日系人協会発行『海外日系人』第4号 1978年)

 ハワイには、政治の世界で活躍する日系人もたくさんいます。
バラク・オバマ大統領の下、新政権に退役軍人長官として抜てきされたのは、ハワイ出身の日系3世、エリック・シンセキさん。祖父母が広島県からハワイに移住し、1942年にカウアイ島で生まれたエリックさんは、ベトナム戦争に参加した経験を持ちます。その後、米陸軍参謀総長を務めあげ、引退後の大抜てき。日系人の閣僚は、ノーマン・ミネタ前運輸長官(カリフォルニア州出身の2世)に続いて史上2人目の快挙です。
日系2世おダニエル・イノウエさんは、ハワイ州から選出されたアメリカ初の日系人議員です。福岡県からハワイに移住した両親の元、1924年にホノルルで生まれたダニエルさんは、第二次世界大戦でアメリカ軍に志願。日系人部隊である第442連隊に配属され、ヨーロッパ前線で負傷。右腕を失いながらも、その後、陸軍大尉、ハワイ議会の議員を経て、ハワイがアメリカに州となった59年には、ハワイ州選出の連邦下院議員、62年からは上院議員として活躍しています。
アメリカ初の日系人州知事も、やはりハワイ出身の日系人。1926年、福岡県出身の両親の元、ホノルルで生まれた日系2世のジョージ・アリヨシさんは、弁護士をしていたときに人からのすすめで知事選に立候補。1974年から86年の3期にわたってハワイ州の知事をつとめました。さまざまな場面で「義理・恩・おかげさま」といった日本人の心を大切にするアリヨシさんの姿が伝えられています。

どの人もみんな、人種の壁に負けずに日系人の社会的地位を向上してきたのね!
このページの先頭へ

ハワイに行ったらぜひ訪れよう!

ハワイ日本文化センター
ハワイ日本文化センター

 ハワイに行く機会があったらぜひとも1度訪れてほしいのが、ホノルルにあるハワイ日本文化センター(Japanese Cultural Center of Hawaii)です。
ここには、ハワイに移住した日本人の歴史や日系人の活躍、ハワイに根付いた日本文化などが展示されているほか、定期的に開催している剣道、空手、合気道などのクラスや日本文化のイベントなどは、地域の人々に広く親しまれています。
100年以上も前にハワイに渡った日本人たちが、どのような暮らしをしたのか・・・。
子どもたちの教育に力を注ぎ、戦争によって日本とアメリカの間で苦しみながらも、日系人としての社会的な地位を築き上げてきたハワイの日系人の歴史を知ることで、いままでとはひと味違ったハワイの一面が見えてくるのではないでしょうか
ハワイ日本文化センター
Japanese Cultural Center of Hawaii 
2454 S.Beretania St.
Honolulu, HI 96826
Tel: (808) 945-7633 o
Fax: (808) 944-1123
WEBSITE:http://www.jcch.com/

資料館でもハワイ移住の歴史を展示しています

  123サトウキビ畑  

 海外移住資料館でも、ハワイへ渡った日本人の多くが働いたサトウキビ畑での労働風景を展示しています。
日本から持っていった着物を再利用して作った農作業着や、初期移民が身につけることを義務づけられていた番号札などから、当時の移住者の様子を思い浮かべてみて下さい。また、ハワイに渡った1世、ハワイ生まれの2世の証言映像も視聴できます。

 

 
このページの先頭へ
JICA ロゴ
海外移住資料館ホームページHOME