海外移住資料館
新着情報
概要
常設展示
企画展・催し物
学習プログラム
利用案内・交通案内
図書資料室(海外移住)
ボランティア活動
海外移住資料館だより
移住資料ネットワーク化プロジェクト
キッズコーナー

情報検索システム
キッズコーナー貸出教材 いみんトランク 貸出についてはこちら
企画展『海を渡った花嫁物語』特別サイト特別展示 移民の暮らし
特別展示 ハワイに生きる日系人 ―受け継がれる日本の心―
特別展示 ペルーの日系人

独立行政法人 国際協力機構 JICA横浜


 

企画展・催し物のご案内

これまでのご案内  2004年度 | 2005年度 |  2006年度 |  2007年度 |  2008年度 |  2009年度 |  2010年度 |  2011年度 |  2012年度 |  2013年度 |  2014年度 |  2015年度 |  2016年度 |  2017年度

シンポジウム「日系カナダ人の戦後 −埋もれた歴史に光をあてる−」

  シンポジウムチラシ

 

 

 

概要

 太平洋戦争が始まった翌年(1942)、カナダ政府は、カナダ西海岸に居住していた21,000人の日系カナダ人を敵性外国人として内陸部に強制移動した。それらの日系人は、戦後、カナダ政府の通達により、「ロッキー山脈の東」へ移動、または日本に「送還」、という二者択一的な選択を迫られた。ロッキー山脈の東への移動を望まない日系人は、カナダ生まれでカナダ国籍の日系人であっても日本に送られることになり、日系人社会に大きな混乱をもたらした。その後、この「送還」は「国外追放」であると言われるが、結果的には、約4,000人の日系人が日本に送られたとされている。彼らが戦争直後の日本でどのように受け入れられたか、その後、定着したか、あるいはカナダへ戻ったか、の全容は、これまで明らかにされていない。
 本シンポジウムでは、日本とカナダに在住する日系カナダ人4人の経験談を伺い、新しく発見した史料を紹介することで、埋もれたままになっている「送還」の歴史に光を当てたい。

開催日

2017年6月3日(土)14:00-17:00

場所

JICA横浜1階 会議室1


 

企画展示「広島から世界へ −移住の歴史と日系人の暮らし−」

  広島展チラシ

 

 

 

概要

 広島県は100年以上前から多くの海外移住者を輩出した全国第一位の移民県です。最初はいわゆる出稼ぎを目的として海外へ渡航する人たちが主流でしたが、時の経過とともに定住者となる人も増えていきました。
 現在でも、ハワイやアメリカ大陸には28の広島県人会が存在し(2016年8月現在)、母県との交流を進めています。
 本展示では2015年に広島県立文書館で開催された特別展示「広島から世界へ −移住者の歴史と現在−」をベースとして、その歴史とともに日系人の暮らしの様子を、標本資料や写真を使って紹介します。

開催期間

2017年3月4日(土)〜2017年5月28日(日)

場所

JICA横浜 海外移住資料館(入場無料)


企画展示関連イベントのご案内 

  広島展チラシ

 

 

 


     ミリキタニ

タイトル

公開講座1「パラグアイの魅力」

講師

前原 弘道  パラグアイ日本人会連合会 会長

概要

首都アスンシオンから南東へ30kmのイタ市にそびえ立つ「御影城(みかげじょう)」。
この城は前原弘道さんが日本から職人を呼んで建築しました。
前原さんは1958年、20歳の時に家族共々広島県からパラグアイに移住し、その後養鶏業で成功。今では5つの会社を持つ前原グループの会長です。
前原さんは、なぜパラグアイの地に日本の城を建てたのでしょうか?パラグアイ日系社会の中心組織である日本人会連合会の会長もつとめる前原さんにご講演いただくこととなりました。
郷土愛に富み、絆を大切にする広島県人の血を受け継ぐ前原さんが、パラグアイの魅力を存分に語ります。

開催期間

2017年4月22日(土)14:00-15:30

場所

JICA横浜 1階会議室1

 

  広島展チラシ

タイトル

公開講座2「ハワイ移民の源流 広島県」

講師

川ア 壽  ハワイ移民資料館 仁保島村館長

概要

全国第一位の移民県は広島です。
広島県からの海外移住は、ハワイへの官約移民から始まりました。1885年から10年間にハワイへ渡った約29,000人のうち、3分の1以上を広島県出身者が占めました。
ハワイはなぜ、移民を必要としたのでしょうか。広島県からの移民が多い理由は―――。
官約移民を中心としたハワイ移民の歴史を川ア館長にお話していただきます。

開催期間

2017年5月13日(土)14:00-15:30

場所

JICA横浜 1階会議室1

  広島展チラシ

 

 

 

タイトル

特別上映会「ミリキタニの猫≪特別篇≫」

概要

企画展示でもご紹介しているジミー・ミリキタニ(1920-2012)。頑固でワイルドだけどおちゃめな日系アメリカ人画家でサクラメント生まれ、ヒロシマ育ちのおじいちゃんです。2001年には世界貿易センターに近いニューヨークの路上で猫を毎日描いていました。
彼が絵を通して伝えたかったメッセージとは?
「ミリキタニの猫《特別篇》」(2006年製作「ミリキタニの猫」と2016年製作「ミリキタニの記憶」の2本立て)を上映します!
「ミリキタニの記憶」の監督であるMasaさんと、ミリキタニと親交が深かった坂本ジョージさんのお二人によるミニトークも開催!
終了後には、海外移住資料館で坂本さんによるギャラリートークも行われます!お楽しみに!

開催期間

2017年5月28日(日)13:00-15:00

場所

JICA横浜4階 かもめ


タイトル

イベント「ジミー・ミリキタニ ミニ絵画展」

概要

上映会に先立ち、海外移住資料館内でミニ絵画展を開催します。ミリキタニさんの世界をお楽しみください。

開催期間

2017年5月12日(金)〜28日(日)

場所

海外移住資料館内

 
このページの先頭へ
JICA ロゴ
海外移住資料館ホームページHOME