海外移住資料館
新着情報
概要
常設展示
企画展・催し物
学習プログラム
利用案内・交通案内
図書資料室(海外移住)
ボランティア活動
海外移住資料館だより
移住資料ネットワーク化プロジェクト
キッズコーナー

情報検索システムキッズコーナー貸出教材 いみんトランク 貸出についてはこちら
企画展『海を渡った花嫁物語』特別サイト特別展示 移民の暮らし独立行政法人 国際協力機構 JICA横浜移住資料デジタルネットワーク化プロジェクトのサイト
広島市デジタル移民博物館
オキナワボリビア歴史資料館
アルゼンチン日本人移民史

HOME > 企画展・催し物(2011年度) > 映像上映会

スタジオジブリ作品「コクリコ坂から」の時代を見る
昭和30年代―海外移住者送出の時代  映像上映会

このたび、スタジオジブリ作品「コクリコ坂から」の公開を記念し、当資料館のミュージアム連携企画として映像上映会を開催いたします。 「コクリコ坂から」では、東京オリンピック開催の前年という時代設定のもと、横浜を舞台に物語が繰りひろげられます。当時は、国家イベントである東京オリンピック開催(昭和39(1964)年)や、東京タワー開業(昭和33(1958)年)、東海道新幹線開通(昭和39(1964)年)に象徴されるように、日本が高度経済成長に邁進していた時代でした。 一方、戦後日本の海外移住は、昭和27(1952)年に再開され、昭和30年代には、多くの日本人移住者が中南米の国々に渡りました。映画「コクリコ坂から」の時代、それはまさに海外移住者送出の時代でもあり、「コクリコ坂から」の舞台である横浜は、多くの移住者が海外の新天地へ旅立っていった土地でもありました。 今回の上映会では、日本海外協会連合会が昭和37(1962)年に制作した、二本の映像を上映いたします。これらの映像に垣間見える当時の様子から、戦後日本の海外移住 の歴史にも思いを馳せていただければ幸いです。

INFORMATION

上映映像の概要

「海外への道」 日本海外協会連合会制作 1962年 30分 
市町村役場、県海外協会、職業安定所等における海外移住の相談についての説明映像。申込手続き、財産整理、訓練講習、外務省横浜移住あっせん所(浜市)における渡航手続きなど、具体事例で解説しています。映像からは当時の社会情勢もうかがえます。映像の最終部分では、横浜港での出航風景が記録されています。

「南米の新天地」 日本海外協会連合会制作 1962年 51分
祖国を離れて南米の新天地へ移住する人々の船内生活、各種行事、サントス港やブエノスアイレス港で下船してボリビアやパラグアイへ向かう移住者、入植初期の開拓状況と先輩移住者の生活、公共施設等を紹介しています。

開催期間

2011年7月16日(土)〜8月27日(土) 
※8月7、17、18日および休館日を除く

会場

海外移住資料館常設展示室 特設スペース

上映スケジュール

10:30〜12:00、12:00〜13:30、13:30〜15:00、15:00〜16:30 (1日4回上映)

問合せ先

JICA横浜 海外移住資料館
アクセスはこちら
Tel: 045−663−3257
Fax:045−211−1781
E-mail:info@jomm.jp

 
このページの先頭へ
JICA ロゴ
海外移住資料館ホームページHOME