海外移住資料館
新着情報
概要
常設展示
企画展・催し物
学習プログラム
利用案内・交通案内
図書資料室(海外移住)
ボランティア活動
海外移住資料館だより
移住資料ネットワーク化プロジェクト
キッズコーナー

情報検索システムキッズコーナー貸出教材 いみんトランク 貸出についてはこちら
企画展『海を渡った花嫁物語』特別サイト特別展示 移民の暮らし独立行政法人 国際協力機構 JICA横浜移住資料デジタルネットワーク化プロジェクトのサイト
広島市デジタル移民博物館
オキナワボリビア歴史資料館
アルゼンチン日本人移民史

HOME > 企画展・催し物(2010年度) 公開講座『川柳を習い日本が近くなり ― 絵本・川柳・写真屋さんの在米39年 ―』

公開講座「講演『川柳を習い日本が近くなり ― 絵本・川柳・写真屋さんの在米39年 ―』」

当イベントは終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

会 場

JICA横浜 1階 第1会議室(入場無料・予約不要)

開催日時

2010年6月4日(金) 14:00〜16:00  (開場13:30)

講師

サニー関氏(作家・イラストレーター)

主催

JICA横浜 海外移住資料館

問い合わせ

海外移住資料館業務室(TEL:045-663-3257)



 1971年に渡米して以来在米39年、戦後のアメリカ移民の体験を、川柳、写真館、日本民話をキーワードに語ります。川柳では、羅府新報と川柳つばめ吟社の活動を中心に20世紀最後の四半世紀のロサンゼルスの川柳活動を、写真館ではレンズを通してみた移民社会アメリカを、日本民話では絵本で日本民話を世界に伝える夢と努力を語ります。


講師略歴  三脚は柳名。本名弘高。1947年東京生まれ。日本大学写真学科卒。1971年渡米。サニー関写真館を30年経営。羅府新報の「ラフ戯評」 月間賞の常連となった後、川柳を山中桂甫、花見留男氏に師事。羅府新報川柳選者。2007年「川柳に残るガーデナー風雲録」を南加庭園業連盟より出版、反響を呼ぶ。絵本「招き猫の話」(文と絵)は、9ヶ国語に訳され、2007年度の全米PTA賞を受ける。2010年、絵本 「日本最後のカッパ」出版。ロサンゼルス郊外在住。
参考: http://www.sunnyseki.com/index.html

 


 
このページの先頭へ

JICA ロゴ
海外移住資料館ホームページHOME