海外移住資料館
新着情報
概要
常設展示
企画展・催し物
学習プログラム
利用案内・交通案内
図書資料室(海外移住)
ボランティア活動
海外移住資料館だより
移住資料ネットワーク化プロジェクト
キッズコーナー

情報検索システム
キッズコーナー貸出教材 いみんトランク 貸出についてはこちら
企画展『海を渡った花嫁物語』特別サイト 特別展示 移民の暮らし
特別展示 ハワイに生きる日系人

独立行政法人 国際協力機構 JICA横浜


 

HOME > 企画展・催し物(2009年度) 特別展示アマゾン日本人移住80周年記念「アマゾンに渡った日本人の軌跡」

特別展示 アマゾン日本人移住80周年記念 「アマゾンに渡った日本人の軌跡」

当展示は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

 

アマゾン展入口

展示風景

展示概要

 ブラジルへの日本人移住は、アマゾン地域への移住からおよそ20年前、サンパウロ州近郊のコーヒー農園への雇用農としてはじまりました。昨2008年は日本人のブラジル移住100周年にあたり、日本・ブラジルの両国で数多くの記念事業が行われたことは、人々の記憶に新しいことでしょう。
それとは異なり、実はブラジルにはもうひとつの時計(歴史)があるのです。それは、アマゾン地域に移住した日本人の歴史です。 
アマゾン地域への移住は、原生林の伐採から始める開拓移住で、しかも日本人がそれまで経験したことのない熱帯農業でした。厳しい気候風土のなか、「高拓生」(日本高等拓殖専門学校卒業生)と呼ばれる独身青年移住者たちが、アマゾン中流域(アマゾナス州)で苦難の末にジュート栽培に成功。また、ベレン近郊(パラ州)のトメアス移住地では、日本人移住者がピメンタ(胡椒)の栽培に成功します。これらの成功は、ブラジルにおける日本人移住者の評判を高めることとなりました。
その他にも、アマゾン地域の日本人移住者は、さまざまな分野に進出し、発展を遂げてきました。地球の酸素の1/3を供給すると言われるアマゾン熱帯雨林の開発に取り組んできた移住者・日系人は、現在、自然環境・森林を収奪しない持続可能な農法「アグロ・フォレストリー」の導入・実行により、世界の注目を浴びています。また、アサイーやクプアスーなど、アマゾン地域で生産される熱帯フルーツは近年日本にも紹介され、アマゾン地域の日系人はいま、ブラジルの中で独自の光を放っているのです。
特別展示では、原生林の伐採からはじめた開拓生活の様子や、熱帯の地アマゾンで苦労の末に成功させたジュートやピメンタ(胡椒)栽培、また、自然と共存する持続可能な農法「アグロ・フォレストリー」を導入・実行している日系人の現在の姿などを紹介します。

INFORMATION

開催期間

8月11日(火)〜10月4日(日)

開館時間

10:00〜18:00(入館は17:30まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は、翌火曜日が休館日です)

会 場

JICA横浜 海外移住資料館 企画展示室
アクセスはこちら

入館料

無料

主 催

JICA横浜 海外移住資料館

協力

NPO法人「地球の心・日本」

※常設展示は通常通り開館します。

関連イベント1

 「横浜FUNEプロジェクト」ワークショップ開催!
〜アマゾン移民船「もんてびでお丸」を作ろう〜

海外移住資料館では、8月27日〜30日の4日間、「横浜FUNEプロジェクト」のワークショップを開催します。アマゾン移民を南米大陸まで運んだ移民船「もんてびでお丸」を、みんなで一緒に作りませんか?完成した船は、大桟橋ホールに展示されます。

募集人数

各日20〜30名

ワークショップ会場

8月27〜28日 JICA横浜1階・第1会議室
8月29〜30日 JICA横浜 海外移住資料館(常設展示場)

参加方法

直接、上記会場受付へお越し下さい。

お問い合わせ

海外移住資料館業務室(TEL:045-663-3257)

「横浜FUNEプロジェクト」とは?
開港150周年を記念して、横浜の成長と発展に寄与してきたFUNE(船)をモチーフに、アーティストの日比野克彦さん監修のもと、段ボールなどを素材とした、150艇のFUNE(船)を市民とともに製作し、大桟橋ホールで展示するプロジェクト。
主催:財団法人横浜開港150周年協会

関連イベント2

2009年9月1日(火)〜9月30日(水)
アマゾン日本人移民80周年記念
「緑と未来を作った日本人展」

アマゾン日本人移民80周年記念「緑と未来を作った日本人展」


アマゾン日本人移住80周年を記念して当資料館で現在開催中の特別展示「アマゾンに渡った日本人の軌跡」とコラボレートして、JICA横浜(赤レンガ国際館)ギャラリースペースでは、「アマゾン日本人移民80周年 緑と未来を作った日本人展」(主催:NPO法人地球の心・日本)を開催します。 展示では、日系人が行っているアグロフォレストリーを模型でわかりやすく展示し、地球と共にアマゾンで生きる日系人の姿を紹介するほか、アマゾンの生活用具やインデオが作ったアクセサリーなどの民芸品も紹介します。  9月26日(土)には、現地で行われたアマゾン日本人移民80周年祭記念行事の参加報告会も行われます。

会 場

JICA横浜 国際センター1F

開催期間

9月1日(火)〜9月30日(水)

入場

無料

報告講演仮題

「アマゾン80周年に参加して」9月26日(月)

主 催

NPO法人 地球の心・日本

協力 ブラジル大使館、JICA横浜国際センター、神奈川県、ブラジル日本都道府県連合会、ブラジル鹿児島県人会

問い合わせ

特定非営利法人「地球の心・日本」(TEL:045-401-2136)(FAX:045-434-3224)

 

 

 

 

 
このページの先頭へ
JICA ロゴ
海外移住資料館ホームページHOME