海外移住資料館
新着情報
概要
常設展示
企画展・催し物
学習プログラム
利用案内・交通案内
図書資料室(海外移住)
ボランティア活動
海外移住資料館だより
移住資料ネットワーク化プロジェクト
キッズコーナー

情報検索システム
キッズコーナー貸出教材 いみんトランク 貸出についてはこちら
企画展『海を渡った花嫁物語』特別サイト 特別展示 移民の暮らし
特別展示 ハワイに生きる日系人

独立行政法人 国際協力機構 JICA横浜


 

HOME > 企画展・催し物(2008年度) > 【公開講座】連続シンポジウム

連続シンポジウム〜ブラジル移民をふりかえる〜

海外移住資料館では日伯交流年記念公開講座として、〜ブラジル移民をふりかえる〜をテーマに連続シンポジウムを開催します。(第1回:10月26日,第2回:11月16日,第3回12月13日)

第1回:『ブラジル日本人移民の百年』(終了しました)

講演

『ブラジル日系研究をふりかえる』

  前山隆 (前静岡大学教授)

パネルディスカッション

『ブラジル日系社会<現在・過去・未来>』

 パネリスト:

  松岡秀明(淑徳大学教授)

  三田千代子 (上智大学教授)

  前山隆 (前静岡大学教授)

 司会:

  柳田利夫(慶應義塾大学教授)

日時

2008年10月26日(日)13:00−17:00 (開場:12:30)

概要

 文化人類学者で「ドナ・マルガリーダ・渡辺―移民・老人福祉の五十三年」などの著者として知られる前山隆先生に、自身のブラジル日系社会についての研究をふりかえっていただきます。また、パネルディスカッションでは、さらに、同じくブラジル日系社会研究の第一人者である松岡秀明先生、三田千代子先生をお招きし、日系社会の過去と現在の姿から「デカセギ」による在日日系コミュニティーに至るまで議論していただきます。
 多文化社会であるブラジルで、移住100周年を迎えた日系社会。その100年の「経験」について考えることは、急速に多文化社会に向かっている日本の未来をも考えることにつながるのではないでしょうか。

第2回:『ブラジルにおける日系企業』(終了しました)

基調報告

『ブラジルの企業社会と日系企業』

  堀坂浩太郎(上智大学教授)

  酒井芳彦(味の素株式会社本社総合企画部顧問)

  二宮康史 (JETRO海外調査部中南米課)

パネルディスカッション

『日系企業の現状と展望』

  司会:柳田利夫(慶應義塾大学教授)

日時

2008年11月16日(日)13:00−17:30 (開場:12:30)

概要

 今年は日本人のブラジル移住100周年です。日本に在住する日系ブラジル人も30万 を超えており、地球の正反対に位置する日本とブラジルですが、両国間のまず第一の 架け橋は「人」といえます。それに加え、もうひとつの担い手が「企業」です。激動 する21世紀の世界経済のなかで、遠くブラジルの市場や資源、食糧に目を向ける日本 企業が増えています。その一方で、ブラジルの石油会社による日本進出やブラジル製 中型旅客機の日本への輸出も報道されています。多人種・多民族で成り立つブラジル の企業社会はどのような世界か? その中で日本企業はどのような活躍をしてきたの か? そして日本人移住者・日系人と企業活動の関係は? ブラジル経済をウオッチ し続けてきた上智大学の堀坂浩太郎先生、現地で直接経営に従事されてきた味の素の 酒井芳彦さん、そして、ジェトロ(日本貿易振興機構)サンパウロ事務所で産業・企 業の調査活動をされてきた二宮康史さんのお三方に、それぞれのお立場からブラジル の企業社会と日系企業について基調報告をいただきます。後半では、日系企業の現状 と展望について議論をしていただきます。ブラジルにおける日系企業についての議論 を通じて、多文化社会に向かいつつある日本について考える新たな視角が広がってく るように思います。

第3回:『日本の移民研究と史料』(終了しました)

講演

『日本における出移民研究』

  講師:石川友紀(琉球大学名誉教授)

海外移住資料館
学術プロジェクト報告

『移民研究における史料』

  報告者:

  児玉正昭(前鈴峯女子短期大学学長)

  原口邦紘(外交史料館編纂委員)

  木村健二 (下関市立大学教授)

  粂井輝子 (白百合女子大学教授)

  柳田利夫 (慶応義塾大学教授)

日時

2008年12月13日(土)13:00−18:30 (開場:12:30)

概要

  「日本における移民研究は、地理的にも時間的にもまた方法論的にも大きな広がり と多様性を持つ学問分野として日々成長を遂げつつある。その学問的な可能性をより 豊かにしてゆくためにも、これまでの日本における移民研究の流れと、そこに利用されてきた史料(主として文字資料)について立ち戻って考えることが改めて求められているように思われる。本講座では、JICA横浜海外移住資料館における学術プロジェク トの一環として進められてきた、移民資料研究会による国内各地における史料調査・ 研究の一部を報告することを通じて、移民研究のこれからについて考えてみた いと思う。」

 

INFORMATION(第1回,第2回,第3回)

会 場

JICA横浜 1階 第1会議室
アクセスはこちら

参加費

無料・事前登録不要


 
このページの先頭へ
JICA ロゴ
海外移住資料館ホームページHOME