海外移住資料館
新着情報
概要
常設展示
企画展・催し物
学習プログラム
利用案内・交通案内
図書資料室(海外移住)
ボランティア活動
海外移住資料館だより
移住資料ネットワーク化プロジェクト
キッズコーナー

情報検索システム
キッズコーナー貸出教材 いみんトランク 貸出についてはこちら
企画展『海を渡った花嫁物語』特別サイト 特別展示 移民の暮らし
特別展示 ハワイに生きる日系人

独立行政法人 国際協力機構 JICA横浜


 

 

企画展・催し物のご案内(2008年度)

これまでのご案内  2004年度 | 2005年度 |  2006年度 |  2007年度 |  2008年度 |  2009年度 |  2010年度 |  2011年度 |  2012年度 |  2013年度 |  2014年度 |  2015年度 |  2016年度

それぞれのタイトルをクリックすると詳細ページが開きます。

ドキュメンタリー映画
『ブラジルから来たおじいちゃん』(監督・栗原奈名子)
上映会&講演会

当上映は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

概要

 映画の主人公は、19歳のときに単身ブラジルに移住し、言葉も習慣も異なるブラジルの地で苦労を重ねてきた「おじいちゃん」こと紺野堅一さん。90歳を超えたいまもなお、毎年日本にやって来ては日本で働いているブラジル人の知人たちを訪ね歩きます。
映画は、そんな「おじいちゃん」の旅に同行し、在日ブラジル人を取り巻くさまざまな現実を写し出すと共に、自らも「デカセギのつもり」でブラジルに渡った紺野さんが、在日日系人たちの姿を通じて自分自身の人生を振り返るドキュメンタリーです。
大正生まれのおじいちゃんが若者たちに語りかける言葉、自身の人生を語る言葉、それらのひとつひとつから「教科書には載っていない歴史のレッスン」が溢れ出る作品です。
映画上映の前には、栗原監督による講演会も行います。お楽しみに!

主催

JICA横浜 海外移住資料館

開催日

2009年2月28日(土) 14:00〜16:10

場所

JICA横浜(4Fセミナールームかもめ) 入場無料・予約不要

上映作品

『ブラジルから来たおじいちゃん』
監督:栗原奈名子
製作年:2008年
製作国:日本
上映時間: 59分
配給: アムキー

特別展示 NOSSAS LENTES 私たちのレンズ

当展示は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

 

"festival de pipas"
Local: Sao Paulo
Data: 10/2008

"Contraste Social"
Local: Sao Paulo/SP
Data: 20/05/2008

概要

日本人ブラジル移住100周年を記念して、ブラジル・ジャーナリスト連盟(FENAJ)とサンパウロ州ジャーナリスト労働組合が主催するブラジル人フォトジャーナリストたちによる写真展。
ブラジル人ジャーナリストたちのレンズが切りとった作品は、どれも、あのままの今のブラジルの姿を映し出しています。どうぞお楽しみください。

主催

ブラジル・ジャーナリスト連盟、サンパウロ州ジャーナリスト労働組合

後援

ブラジル大使館、JICA横浜ほか

開催期間

2008年12月9日(火)〜12月28日(日)
※12月14日はイベント使用のためご覧いただけません

連続シンポジウム〜ブラジル移民をふりかえる〜 

 

概要

第1回(終了しました)
講演/『ブラジル日系研究をふりかえる(仮題)』 前山隆(前静岡大学教授)
パネルディスカッション/『ブラジル日系社会<現在・過去・未来>』
第2回(終了しました)
講演/『ブラジルの企業社会と日系企業』 堀坂浩太郎(上智大学教授)
パネルディスカッション/『日系企業の現状と展望』
第3回(終了しました)
講演/『日本における出移民研究』 石川友紀(琉球大学名誉教授)
海外移住資料館学術プロジェクト報告『移民研究における史料』

主催

海外移住資料館

日時

第1回:2008年10月26日(日)13:00−17:00 (開場:12:30)
第2回:2008年11月16日(日)13:00−17:00 (開場:12:30)

場所

JICA横浜 1階 第1会議室

特別展示 ワンダーアイズ 〜未来につなぐ子どもたちのまなざし〜

当展示は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

 
(写真提供:ワンダーアイズプロジェクト)

概要

  日本人ブラジル移住100周年にあたる今年、企画展示室では、日本ブラジル両国の子どもたちとともに実施する写真プロジェクト「ワンダーアイズ」の作品展を開催します。
世界各国地域の子どもたちにカメラを持たせ、子どもたちの目が見つめたものを世界に向けて発信しようというこのプロジェクトは、2000年の発足以来、これまでに東ティモール、ウズベキスタン、オーストラリア、台湾、ブラジル、モザンビーク、ケニアの難民キャンプ、アイスランド、ロシア、日本などで開催されています。
今回、日本では、群馬県の大泉町に住む日系ブラジル人の子どもたちもシャッターを切りました。子どもたちの純粋な目が映し出した写真が語るメッセージとは・・・。どうぞお楽しみに!!

主催

ワンダーアイズプロジェクト

後援

ブラジル大使館、日本ブラジル中央協会

助成

国際交流基金、アサヒビール芸術財団

協賛

キヤノン株式会社

協力

JICA横浜(海外移住資料館)、群馬県大泉町、群馬大学、ルジタニア会(東京外国語大学ポルトガル語科卒業生OB・OGの会)

開催期間

2008年9月17日(水)〜11月24日(月)

ドキュメンタリー映像作家・岡村淳監督作品上映会
「40年目のビデオレター アマゾン編」
「ブラジルの大地と人に学ぶ 生きている聖書の世界」

当展示は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

概要

9/2〜28までJICA横浜で行われる「宮沢和史とブラジル〜これまでの100年、これからの100年」にあわせて海外移住資料館では、アーティスト・宮沢和史さんに影響をあたえ続けているブラジル日系社会を描いたドキュメンタリー・ビデオの上映会を行います。
宮沢さんの世界を構成する要素の一つであるブラジル、アマゾン、そして、そこで暮らす人々の生活を感じてみませんか? 当日は、岡村監督自身によるトークもあります。宮沢さんも絶賛する岡村監督のトークも映画と併せてぜひお楽しみください。

日時

9月8日(月)18:30〜21:00

上映作品

『40年目のビデオレター アマゾン編』(2002年/78分)
『ブラジルの大地と人に学ぶ 生きている聖書の世界』(1997年制作/40分)

主催

株式会社SARAVA

場所

JICA海外移住資料館 企画展示室(当日海外移住資料館は休館日です)入場無料予約不要


子どもアドベンチャー2008 かるたで遊んでタイムスリップ

当展示は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

子どもアドベンチャー

概要

かるたで遊んでタイムスリップ
海外移住って何だろう? 100年以上も前に始まった日本人の海外移住。彼らはどんな気持ちで船に乗り、海を渡ったのかな。
海外移住資料館の展示をテーマにしたカルタで遊びながら「海外移住」を学びましょう! 展示場で撮った写真を絵はがきにしてプレゼントします。

開催期間

2008年8月20日(水)・21日(木) 
両日とも10:00〜16:00  (随時)

移民かるた

移民かるた


ミュージアム・クイズラリー よこはま 2008

当展示は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

概要

この海外移住資料館を含むこの地域の16の博物館が開催する「ミュージアム・クイズラリー よこはま」。今年は、もうすぐ迎える横浜開港150年にちなんだクイズが出題されます。夏休みを利用して、いろいろな博物館をたずねてクイズに挑戦してみませんか。

開催期間

2008年7月19日(土)〜8月31日(日) 

参加方法

事前予約は不要です。まずは神奈川県立歴史博物館でクイズのかかれた地図を手に入れてください。詳しくは神奈川県立歴史博物館のホームページ(http://ch.kanagawa-museum.jp/)をご覧下さい。

jomm
ぜひクイズに挑戦してね!

 


「日伯交流年 ブラジル日本移民百周年記念写真展
― 新世界に渡った日本人―」全国各地で開催中

当展示は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

サントス港に接岸した移民船笠戸丸 移民列車
サントス港に接岸した移民船笠戸丸   サントス港からサンパウロの移民収容所に向かう列車
(写真提供:ブラジル日本移民史料館)
 
このページの先頭へ

 

 
このページの先頭へ
JICA ロゴ
海外移住資料館ホームページHOME