海外移住資料館
新着情報
概要
常設展示
企画展・催し物
学習プログラム
利用案内・交通案内
図書資料室(海外移住)
ボランティア活動
海外移住資料館だより
移住資料ネットワーク化プロジェクト
キッズコーナー

情報検索システム
キッズコーナー貸出教材 いみんトランク 貸出についてはこちら
企画展『海を渡った花嫁物語』特別サイト 特別展示 移民の暮らし
特別展示 ハワイに生きる日系人

独立行政法人 国際協力機構 JICA横浜


 

HOME > 企画展・催し物(2008年度) >ドキュメンタリー映画 『ブラジルから来たおじいちゃん』(監督・栗原奈名子) 上映会&講演会

ドキュメンタリー映画 『ブラジルから来たおじいちゃん』(監督・栗原奈名子)
上映会&講演会

当上映は終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

作品紹介

 不況まっただ中の日本から、出稼ぎのつもりで単身ブラジルに渡って73年。言葉もわからない土地で、10回も職業を変え、破産の憂き目にもあった。だが、諦めずに努力した甲斐あって、今ではサンパウロで悠々自適の暮らしをしている。
  しかし、紺野堅一さんは家にじっとしているご隠居さんではない。紺野さんは、毎年日本にやってくる。それは日本にデカセギに来ているブラジル人たちを訪ねるためだ。日本在住のブラジル人の数は現在31万人を超え、増加と滞在長期化傾向にある。彼らの姿が、出稼ぎのはずがブラジルに定住するはめになった自身 の体験と重なる。彼らの将来はいったいどうなるのか。子供たちの教育の現状はどうか。若い世代の仕事の苦労話に耳を傾け、子供たちに勉強の様子を尋ねる。 先生たちと懇談するため学校へも出かけていく。
  そして、この旅は彼自身の人生を振り返る旅でもあった。「大日本帝国臣民」として、それともブラジル人として人生を終わるのか。レイルパス片手に新幹線、ローカル線、バスと乗り継ぎ、自分の足で歩きながら考える。
  うんと前からグローバルに生きてきたおじいちゃんのくれるアドバイスは? また、旅の末に、彼のたどり着いたアイデンティティとは?

『ブラジルから来たおじいちゃん』公式サイトより)

INFORMATION

開催日

2009年2月28日(土)

スケジュール

栗原監督講演会 14:00〜15:00
       上映会 15:10〜16:10

会 場

JICA横浜 (4Fセミナールームかもめ)
アクセスはこちら

入場料

無料(予約不要)

主 催

JICA横浜 海外移住資料館


 
このページの先頭へ
JICA ロゴ
海外移住資料館ホームページHOME