海外移住資料館
新着情報
概要
常設展示
企画展・催し物
学習プログラム
利用案内・交通案内
図書資料室(海外移住)
ボランティア活動
海外移住資料館だより
移住資料ネットワーク化プロジェクト
キッズコーナー

情報検索システム
キッズコーナー貸出教材 いみんトランク 貸出についてはこちら
企画展『海を渡った花嫁物語』特別サイト 特別展示 移民の暮らし
特別展示 ハワイに生きる日系人

独立行政法人 国際協力機構 JICA横浜


 

HOME > 企画展・催し物(2006年度) >  パラグアイ日本人移住70周年記念 パラグアイ展

ピアノリサイタル 「矢崎愛〜ピアノと暮らしたブラジル〜」

当イベントは終了いたしました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

/

ポスター

  日本人ピアニストとしてブラジルで活躍中の矢崎愛さんが、当資料館の企画としてピアノリサイタルを開催します。ブラジル音楽のエッセンスが散りばめられた曲の数々を、サックスとのデュオでお届けします。

プログラム(予定)

  • ピアノソロによるブラジル・クラシック音楽
    (ヴィラ・ローボス、エルネスト・ナザレなど)
  • サックス&ピアノのデュオによるブラジル・ポピュラー音楽
    (ボサノバ、サンバ、ショーロ)
  • 日本の童謡(「春よ来い」)のサンバ・バージョン  
  • オリジナル曲

INFORMATION

日時

2006年11月11日(土)14:00−

場所

JICA横浜

入場料

無料 

デュオ・ジェレイア・ジェラウ
デュオ・ジェレイア・ジェラウ 「DUO GELEIA GERAL」 
矢崎愛 − ピアノ / 草村芳哉 − サックス

矢崎愛主宰インストゥルメンタルグループ。ブラジル音楽やジャズ、日本の曲などを掛け合わせたユニークなオリジナル曲を演奏してブラジル・サンパウロ州を中心に活動。ライブハウスや、サンパウロ市立コンサートホールサンパウロ州グアルーリョス市立劇場などで演奏している。 ピアノ、サックス、ベース、ドラムの4人編成と、ピアノ&サックスのデュオ編成で活動。 2006年10月、11月には、デュオ編成で、日本コンサート・ツアー予定。東京、横浜、名古屋、三重、新潟で12回のコンサートが予定されている。

矢崎愛 
ピアニスト、作・編曲家

5歳でピアノを始める。高校卒業後ブラジルへ渡る。サンパウロ州立ULM音楽学校でポピュラー・ブラジル音楽を学んだ後、プロミュージシャンとして活動開始。ピアノソロや、自身の主宰するバンド「ジェレイア・ジェラウ」、また歌手の伴奏など、サンパウロ市を中心に演奏している。クラシックからジャズ、ブラジル音楽、日本の曲などを取り入れた、独自の音楽を創り、日々活動している。

 
このページの先頭へ
JICA ロゴ
海外移住資料館ホームページHOME